Parsons the New School for Designのリブランディングが、世界的に有名なデザイナー、ポーラ・シェラ(Paula Scher)率いるペンタグラムによって一新された。ポーラ・シェアといえば、世界屈指のグラフィックデザイナーとして有名で、98年にはアート・ディレクターズ・クラブの殿堂入りを果たした。彼女が主任を務めるペンタグラム(Pentagram Design Consultancy)もニューヨークを拠点とする世界有数のデザイン事務所である。当然学生たちも、彼女率いるペンタグラムが手がけるリブランディングに期待値があがっていた。paula-796

 

 

4月にParsonsで行われた発表会見には、学生を始め、ニューヨーク中からデザイナーがかけつけた。発表会見の様子はネットでも配信され、多くの学生が新しいブランディングに期待していた。

CBid5CjVEAAOdJk

彼女のプレゼンテーションは、これまでのParsonsのロゴの考察から始まった。Parsonsのロゴは美術大学としてのその歴史とは比例して、これまでに何回も変更されてきており、お世辞にも世界有数の美術大学のロゴとは言えないダサさで、学生の間でも不評だった。

 

しかし、結果的に学生達の期待は裏切られる形になった。

https://www.youtube.com/watch?v=i1KnD8fskCw

+ There are no comments

Add yours